生活の質を落とさず治療|早期発見が完治への鍵【大腸がんの自覚症状や治療法を紐解く】

抗がん剤事情【医学の発達で副作用軽減化している】

生活の質を落とさず治療

診断

大腸がんで使用する薬剤の場合

大腸がん向けの抗がん剤治療は、フルオロウラシル・レボホリナートカルシウム・オキサリプラチン・イリノテカン・ベバシズマブで、これらの中からいくつか組み合わせて投与されるケースが多いです。これらの薬剤投与後は、高血圧の症状が多く表れやすいです。また、血管内に血栓が生じやすい、消化管へ孔が空くといった症状が現れやすいです。

副作用を軽減対策法も多く確立されている

「抗がん剤=副作用」と言う印象をぬぐい切れませんが、近年では副作用の症状を軽減する方法、予防薬の開発が進んでいます。医学が進歩している現代において、抗がん剤を用いた大腸がんなどの治療負担は、ある程度軽減されているのは確かです。

分子標的治療の効果

抗がん剤治療を用いた療法では、分子標的治療を同時に受けることも考慮すべきです。なぜなら、分子標的薬は抗がん剤が持つ力を高めるからです。腫瘍の増殖に関わる分子の働きを抑制させる力を有しているので、効果的に腫瘍を小さくできます。それに、分子標的薬との併用なら、副作用の症状も現れにくいので体への負担を最小限にできます。

漢方薬で副作用を軽減

がん治療において、抗がん剤と言った西洋薬使用が主流でしたが、東洋伝統医学である漢方を用いることも多くなっています。

漢方薬での副作用対策法

免疫力アップの効果

漢方薬は、用いる生薬の複合作用によって、体がもつ免疫力と自然治癒力を高める効果を発揮します。また、抗がん作用も有しているので、進行がんの代替治療や、3大がん治療後の再発予防などの目的でも活用されています。

西洋薬と同等のものと考える動きもある

漢方で用いられる生薬は、長い経験と臨床によって安全性と体への効果が実証されているものが多いです。大学病院でも積極的に取り入れられているのは勿論、西洋薬と同じ評価基準で見るべきとの考えも広まっています。

西洋薬との違い

西洋薬は、集中的に病巣へ攻撃しますが、漢方薬の場合は体全体に作用して免疫力と自然治癒力をアップさせるのです。病を一部分ではなく体全体でとらえる漢方薬は、抗がん剤の副作用を軽減させられるので、緩和ケアにうってつけなのです。

副作用は比較的軽め

自然生薬を使用する漢方薬は、副作用がないと思われがちですが、用いる生薬によって何かしらの症状が現れるケースもあります。処方生薬の中に体質と合わないものが混じっている場合に発症しやすいです。そんな漢方薬ですが、副作用が生じても体への負担はさほど大きくなく、頻度も少なめです。

QOLを高めるために漢方の特性を知る!

漢方薬を用いたがん治療は、体だけでなく心への負担も軽減されます。副作用の発祥度合いや頻度が比較的少ない漢方薬なら、人間らしい質の生活を送りながら、がん治療に専念できるので希望を失いにくいです。漢方薬を用いた治療に切り替えたおかげで、がんの症状が好転した例は多く上がっているので、体と心の負担を軽くするために利用するのはいかがでしょうか。

広告募集中